努blog

ご無沙汰しております。

長い間ブログを放置しておりまして、誠に申し訳ございませんでした。
これというのも、僕が最近になって始めましたTwitterに凝り出しました為です。
簡単に情報発信出来ます気軽さから、どうにもブログが疎遠になってしまいました。
これではいけないと奮起しまして、ブログを再開させます。
気軽な呟きとは違う内容の濃い情報量で勝負しますので、皆様引き続きよろしくお願いします。



コロナウィルスに侵食される少し前の今年初め、世間では東京オリンピック開催予定の2020年を祝っておりました。
その頃、僕は当ブログでケムール人の特集を組んでおりました。
そこで大変ご熱心な書き込みがございました。
僕と同年代と思しきお方で、いくろうさんの発言です。
ウルトラQに始まる怪獣ブームの体験者でありますいくろうさんが、当時の思い出を語られました。
リアル体験者の証言は実に重みのある貴重証言でして、読んでいる僕までもが思わず正座してしまいそうな程の内容でした。

その中で。少年マガジンに掲載されておりました怪獣記事内での五次元宇宙人なる怪人に関しましてのご質問がございました。
それを取り上げさせていただきます。




20201004_093859
週刊少年マガジン 昭和41(1966)年51号表紙



20201004_094106
同誌巻頭特集記事 66年版ウルトラ怪獣事典
構成 大伴昌司



昭和41(1966)年といえば、まさに怪獣ブームが巻き起こった年でした。
ウルトラQの放送に始まり、ウルトラマンの活躍、マグマ大使や悪魔くんも登場して、様々な怪獣達が世間を圧巻しました。
当時小学校一年生でした僕も夢中で怪獣に入れ込んでおりました。
それが今でも続いています^^。

こちらの特集ではそれら怪獣達が映画テレビを問わず取り上げられており、何とも豪華絢爛な内容です。
その中でも一つ目宇宙巨人等の異色海外怪獣が紹介されていました。
いくろうさんは子供の頃にこの記事で見ました、五次元宇宙人なる正体不明の怪人に関しましてご質問されました。
小さい頃にこの雑誌特集記事で見た記憶がおありというのですが、何のキャラなのかが不明だという事でした。



20201004_094529
雑誌を調べましたら、確かに載っておりました。
闇に浮かぶ不気味な顔が、何とも形容出来ない怖さです。

具体的にどこのキャラか明記されておりませんので、これが一体何なのか謎でした。
調べてみましたら、これは海外SFドラマ「宇宙家族ロビンソン」(1965~1968年 アメリカ)に登場した宇宙人でした。
第一期モノクロシリーズのエピソードに、それと思しき題名があります。
第8話「第五次元の侵入」です。
彼らが人類にとってどの様な脅威なのかは不明ですけれども、ムンクの絵の様な不気味さです。
これを幼少期に見たら、その印象は強烈でしょう。

これで謎がひとつ解けましたが、SF怪獣世界は何とも広いです。
まだまだ未知の存在が沢山あります。
僕も未熟者でした。



20201011_231728

いくろうさん、どうも有り難うございます。
これからもこちらのブログをよろしくお願いします。
最後は怪獣トランプのケムール人で締めくくります。

毎度、ソフビ玩具のマウントゴリラの紹介です。
今回は透明なクリアー成形版です。
Oneup.さんから明日24日の午後7時より、通販受付が開始されます。

Oneup.さんのブログ紹介より

http://oneup-blog.jugem.jp/?eid=5228





20200830_172325
20200830_172351
20200830_172407
20200830_172420
透明素体に銀を混ぜた淡い色合いを噴き付けしてあります。
ちょっと砂糖菓子みたいですね。
和菓子イメージで、うっすらとしたカラーの中にも力強さを感じさせる配色を試みました。



20200830_172436
久々のマウントゴリラ紹介になりましたが、これからも多彩な彩色でゴリラが登場します。
どうぞよろしくご注目お願いします。




そして今回初紹介になります、こちらも近く販売されますソフビ玩具です。



20200607_090252
話題と人気のアマビエ様蓄光版です。
暗がりでほんのりと発光します。
そのお姿はと言うと・・・



20200923_222834
20200607_085029
20200607_085048
全体に銀色を中心に、青と黄色と金色を混ぜて噴き付けしました。
夏も終って秋を迎え、清々しい雰囲気に相応しい印象で彩色表現してみました。

こちらもOneup.さんから販売予定ですけれども、詳しい情報は近々発表されます。
情報先行発表です^^。



20200607_141009
疫病退散の願いを込めまして、マウントゴリラ共々アマビエ様が出陣です。




取り急ぎでしたが、秋の夜長のソフビ情報でした。
皆様よろしくお願いします。




明日の9月21日(月 祝日)~10月3日(土)の間、創作芸術作品を扱うギャラリー銀座Shinaにおきまして、タケヤマノリヤ 横山宏 両氏が共同で生み出しましたソフビキャラ、ケローネンの特別展示販売会が開催されます。
題して ケローネンの日 「KEROUNEN CUSTOM CON 2020」です。

shina 銀座 ギャラリー HP

https://www.shina-ginza.jp/


ソフビ東京さんのHPでの紹介

http://sofvi.tokyo/20200916_shina/



タケヤマノリヤさん始め、様々な個性派アーティスト達が彩色しましたケローネンが集結し、展示販売されます。
参加アーティストは以下の通りです。

ピコピコさん、ナカザワショーコさん、 アートジャンキーさん、ペインターネットさん、白熊屋さん、GRAPE BRAINさん、KAMAKIRIさん。
そして僕、マウント工房も参加させていただきます。

どれも大変凝った素晴らしい彩色で、まさにソフビアートと呼べる存在です。

尚、販売は全て抽選方式となっていて、会場に用意されております用紙に希望作品を明記しての抽選販売となります。

明日の初日はお昼の12時からタケヤマさんがご在籍予定です。
僕は1時頃に行く予定ですので、もし会場でお会い出来ましたらば、ご挨拶よろしくお願いします。




マウント工房版ケローネンを紹介します。


20200216_115222
20200216_115301
20200216_115244
No.11 リアルケローネン 馬雲斗装甲/甲型

日東のオリジナル怪獣ガマロンをモチーフに彩色しました。
緑に黄色、腹部はまだら模様で、まさに蛙怪獣イメージです。
搭乗員のオタマちゃんの可愛らしさが対照的です。


20200219_184635
20200219_184715
20200219_184653




20200223_114752
20200216_182317
No.12 
リアルケローネン 馬雲斗装甲/甲型

旧日本陸軍版です。 軍隊カラーで、黄色の決めで引き締めました。 搭乗員のオタマちゃんは、タケヤマさんの希望で黒顔にしてあります。



20200223_122224
20200223_122341

20200223_114829
陸軍ケローネンとマウントゴリラ。 マウントゴリラは比較参考で、今回の販売品ではありません。



取り急ぎの紹介ですが、明日から開催されます芸術ソフビ祭典です。
ご興味を持たれました方は是非ともご来場お待ちしております。



このページのトップヘ