努blog

久々に怪獣模型を取り上げます。
緑商会の宇宙大怪獣ギララです。
大きいのが電動リモコン版、小さいのがゼンマイ版です。




20220708_053334
20220708_052328
世間が怪獣ブームに湧いた1967(昭和42)年に公開されました、松竹製作の特撮怪獣映画が「宇宙大怪獣ギララ」です。

当時は東宝のゴジラに大映のガメラ、テレビではウルトラマン、マグマ大使と、空前の怪獣ブームでした。
それに乗り遅れてはと、日活が「大巨獣ガッパ」を、そして松竹が「宇宙大怪獣ギララ」を製作上映しました。

宇宙から胞子状態で地球に飛来して来た謎の物質が、突然変異を起こして誕生したのが宇宙怪獣ギララです。
その容貌はカメレオンともカマキリともつかない異様な姿で、地球上のあらゆる科学兵器が通用しません。
しかし最後は胞子に戻されて宇宙に追放されます。
SF仕立ての活劇映画で、宇宙艇アストロ・ボートも活躍します。

映画公開に伴い、少年雑誌では特集記事が組まれ、ソノシートやプラモデル、ソフビ玩具の販売と、かなり賑やかな宣伝展開が成されました。
しかし思った様な人気は得られなかった様で、ガッパもギララもシリーズ化される事なく銀幕から消え去りました。

ギララは松竹唯一の怪獣映画でしたが、後に別設定映画で「ギララの逆襲」(2008年)が作られ、更に松竹自体は東映との合作で「大怪獣のあとしまつ」(2022年)を共同制作しました。



20220708_052516
20220708_052635
20220708_052810
20220708_053011
緑商会の電動歩行模型のギララです。
1967年製で、リモコンスイッチで口を光らせ声を上げて前進します。

貴重な怪獣模型ですが、同時期のマルサン商店や日東科学の電動怪獣と比べると、かなり小振りで独特の作りです。
全体の出来はよく、身体のイボ表現が細かくてリアルです。
歩行用の足の軸が1本だけなので、強度が心配です。

発声ギミックが内部の動力部分にあり、モーターに付属している金属ギアに円形ノコギリの様な部品が直結して、別部分にある金属板がカムに押し上げられて移動し、回転ノコギリに接触して音を立てる仕組みになっています。
何だか解り難い説明ですが文面からご想像ください。




20220708_053122
同時期販売されていましたゼンマイタイプの模型です。
1980年頃に童友社から同じ金型使用で、オリジナル怪獣ザ・ウルトラクィーンとして販売されました。
後に童友社は正式にギララとして、このゼンマイ版を復刻販売しました。

向かって右側がウルトラクィーンで、左側が復刻ギララです。
生き別れになった兄弟(クィーンは怪獣女王なので、この場合姉弟か?)の再開場面みたいな感じです。



20220626_070206
20220626_070224
ギララ内部構造

この電動ギララですが、ジャンク品を修理しまして完成させました。
モーター(F140RE)を取り替えまして、足の軸1本と連動クランク部品を自作して歩行可能にしました。
頭部のアンテナも模型のランナーを使用して自作しました。

尾の内部にかなりの量の鉛を入れました。
この重りが無いとギララが唯腰を振るだけで、中々前進しないのです。
模型製作には苦労が付き物です。



20220707_063304
ひとりギララ祭り

彩色は模型の成形色を活かして、補色としてシルバーがかったグリーンを噴き付けしました。
目玉と爪、アンテナの先等は筆塗りです。
ゼンマイ版も同時進行で彩色しましたので、殆ど同じ色合いです。

復活しましたギララですが、お陰さまで上手く歩いてくれています。
ギララファミリーの様子をご覧ください。



20220717_155139
友人?である日活怪獣ガッパとの記念撮影

かなり手前にギララを置いてありますが、ガッパとの大きさ違いが歴然です。
日東リモコンガッパは大きいです。



20220717_102407
東宝 大映 日活 松竹 4大怪獣勢揃い

全て電動歩行で麦球発光、昭和時代の遺産です。
どれも各々特徴があって面白いです。


先日迄ビリケン画廊で開催されておりました逆柱いみりさんの作品展 音楽に多謝 が無事に終了しました。

今回の個展題名からも分かる通り、音楽に造詣の深い逆柱さんが今まで手掛けられました音楽関係のCDジャケット等に描かれましたイラストを、再度絵画作品として描いた作品群です。



20220619_161953
20220619_162017
逆柱さん特有の不思議空間と不可思議生物です。
ホオジロザメや干物怪物ジェニー・ハニヴァー等々。



20220619_233047
20220619_233112
20220619_233133
20220619_233153
20220619_233225
20220619_233927
20220619_233249
造形作品も素晴らしく凝っています。
怪獣と車の融合体 墨壺怪獣が異彩を放っています。
一番上の怪獣自動車は以前僕が彩色協力させていただきました。
双頭リルゼ怪獣に金魚怪獣。
トーテムポール怪獣に幼少期の目撃思い出怪獣等々。
逆柱さんコスプレナースが可愛いです。



20220619_234302
20220619_235655
20220619_235723
20220619_235620
絵画作品は不思議世界が描かれていました。
路地裏から地下道に砂漠に海辺まで。
様々な場所に逆柱生物が存在しています。



20220619_235842
20220619_235808
20220619_234224
20220619_234042

20220619_234104
20220619_162141
20220619_162126
20220619_162112
20220619_233953
絵画と造形共に逆柱世界充満の不思議空間でした。

逆柱さんご本人にもお会い出来まして楽しい時間を満喫しました。
最後にミニライブが行われたそうですが、残念ながら僕は用事で失礼しました。

近くまた個展が開催されますそうですので、その時には協力させていただきます。
逆柱さん、お疲れ様でした。


東京は日暮里駅を降りて、下町風情で有名な谷中の街並みを散策しました。

東京の下町情緒豊かな印象の谷中ですが、様々なお店が並ぶ谷中銀座はいつも賑やかで活気に溢れています。
僕も訪れる度に元気をいただいております。



20220612_163831
日暮里駅から坂を下っていきます。
駅の文字デザインも独特で、よくよく見ますと猫さんの形を取り入れています。



20220612_163815
夕焼けだんだん
谷中を象徴する石階段です。
上の方から街並みが一望出来ます。
夕暮れを展望出来ます情緒ある作りには、いつの時代にも求められます豊かな人間性を感じてしまいます。



20220612_163801
和風喫茶店で珈琲タイム
行き付けの喫茶店でチョコレートホット珈琲を飲んで一息です。
静かな店内の雰囲気が落ち着きます。



20220613_074158
20220613_074101
20220613_074036
谷中銀座の紙芝居公演です。
手作り感満載の作画で、これまた芸術性の高い衣装姿でノリノリでお話が語られておりました。
「へっぷりむすこ」
千葉県の民話で、放屁で活躍する男子の愉快なお話です。

語り手はお笑いタレントでもあります、ワハハ本舗の佐藤政宏さんです。
お話の語り口と観覧者の方々とのやり取りが、リズミカルで素晴らしいです。



20220613_074140
20220613_074115
紙芝居おじさん佐藤政宏さんのアート衣装。
前も後ろもどこから見てもお見事なお姿です。


人間味溢れる街 谷中の散策でした。
これからもお付き合いを続けていきます。


このページのトップヘ