努blog

カテゴリ: 模型

前回公開しました大恐竜-REXの、改造制作過程を公開します。




20200323_113215
20200323_113133
まずは、ブッカさんが制作完成させましたオリジナル版の全貌からです。

中生代白亜紀の巨大肉食恐竜ティラノサウルスを更に強力にアレンジさせた姿です。
ブッカさんの個人製作販売でして、知人の間のみで限られた数のみが行き渡っていたそうです。



D-REX オリジナル頭部まとめ
20200323_113235
20200323_113303
頭部、胴体、尾、両手、両足が自在に動き、下顎開封式です。
ゴリラ君同様に、動かして遊べる大変楽しいソフビモデルです。
キット状態の物を組み立てて、完成させる仕組みになっております。

大きな頭に鋭い目付き、獰猛そうな大きな下顎に鋭い牙、全身を覆う細かい鱗。
今にも動き出しそうな迫力です。




20200409_171119
20200409_171100
20200409_171142
今回、僕は自分が思い描いております恐竜像に近付ける為に、全体に手を入れてみました。
こちらが僕が改造しました未塗装状態の物です。
エポキシパテを持った箇所で、改造部分が判明出来ます。



D-REX オリジナル頭部まとめ集
まずは頭部を切り離し、首の関節を新たに作りまして、頭が胴体からやや放した感じにしてみました。
これでややスマートさが出まして、かなり見た感じの印象が変わりました。

口の開封をしっかりと行う為に、本来は下顎はめ込み式だったのを、プラ棒を用いまして自作のジョイントを制作しました。

大き目だった後頭部を切り離して、軽量粘土を芯にエポキシパテで新たに改造箇所を作りました。




20200405_195652
20200405_195718
腹部に粘土を芯にパテ盛りしまして、くびれた部分をなだらかにしました。
水色部分が軽量粘土を使った箇所で、パテ使用前の状態です。




20200409_171241
足はカッターで切れ目を入れまして熱で曲げ、小さな蹴爪を自作追加しました。
足がしっかりと地に着いた形になりました。

尾は上手く動かなかったので、関節を新たに作ってみましたが、どうもユルユルになってしまいました。
これは多少不満足ですので、修正がこれからの課題です。





D-REX 改造まとめ
最後に、ブッカさんオリジナル版と僕の改造版の比較画像です。

かなり印象が変わってしまいましたけれども、自分イメージで手を入れさせていただきました。
ブッカさんご本人も、好きな様に楽しんでくれるのが嬉しいとおっしゃってくださいました。



素晴らしい素材を提供してくださいましたブッカさんに感謝します。



かなり合間が空いてしまいましたが、前回ブログでアオーネンの前に突如出現しました思わせ振りな姿の公開です。
巨大肉食恐竜D-REXです。





20200424_130831
20200424_130801
ベテランモデラーのブッカさんが制作しましたソフビモデルで、以前紹介した事のございますゴリラ君同様、組み立て式キットです。
かなり前にブッカさんが個人生産して通販しておりました。



20200424_130959
20200424_130929
最強の肉食恐竜ティラノサウルスをより強力に表現しました作品で、身体の各部が可動します。
今回、僕はこの恐竜を自分イメージで大幅に改造しまして完成させました。
改造箇所に関しましては、次回のブログで説明いたします。




20200424_130911
20200424_130851
20200513_211634
彩色は昼尚暗い密林から出現するというイメージで、青黒い色合いにしました。
ティラノサウルスの塗装ですと大概茶色系になりがちですので、あえてそれとは違うイメージで塗ってみました。

ゴリラ君との相性もバッチリです。




20200420_194638
ブッカさんのブログ内での紹介

http://tarao55izumi.bijual.com/Entry/874/



次回はD-REXメイキングに関しまして、紹介させていただきます。


恐竜模型でイギリスの模型会社エアフィックス社のアンキロサウルスです。

恐竜シリーズのひとつとしまして、ティラノサウルスやトリケラトプス等と一緒に販売されていました。
この度だいぶ以前から組み立て完了していました物を、彩色完成させました。




20200510_080051
20200510_080018
20200510_080210
20200510_080237
アンキロサウルスは今からおよそ6800~6600万年前の中生代白亜紀後期北米に生息していました草食恐竜で、全身を覆う鎧状の皮膚から鎧竜とも呼ばれております。

全長は約5~10メートルで、想定体重が約5~7トンに及ぶ重量級の恐竜です。
身体を覆う頑丈な鎧の様な皮膚が特徴で、尾にはハンマーの様な骨質のコブがあり、それを振り回して敵を退けたと考えられます。

同じ武装型恐竜であるステゴサウルスやトリケラトプスの影に隠れがちですが、武装に特化した頑強さと思った以上に巨大な身体には、侮れない驚異を感じさせる存在です。
恐竜時代の最後を飾る白亜紀末期に、ティラノサウルスやトリケラトプスと同時期に生息しておりました。

アンキロサウルスの完全骨格は未だ発掘されておらず、近縁種の恐竜から全体像を推測して復元されています。
その復元姿も多少の違いがあり、身体の横部分に棘が並んでいる姿が有名ですが、それが無い想像図もあります。



20200510_080122
20200510_080148
エアフィックスのアンキロサウルスですが、ティラノサウルス等と同時期に販売されておりました初期4体の内のひとつですので、作られた方も多いと思われます。
ただし、エレールでの再版は行われておりませんので、これも今では珍しい模型なのかも知れません。

手足を交互に出した動きを感じさせる歩行姿を表現しており、鎧の皮膚も繊細でリアルです。
顔かたちがアルマジロの様な哺乳類的な感じで、身体の横にあります棘もかなり大きくて、独特なスタイルになっています。
同じシリーズのティラノサウルスやステゴサウルスと比べますと、大きさはやや小振りです。


随分前に組み立て完了させていた物でしたが、このコロナ自制期間に乗りまして、彩色完成させました。
僕に取りましては最後のエア恐竜ですので、今までよりはやや気楽に従来の恐竜イメージに取らわれない気持ちで色塗り作業を行いました。
彩色イメージは、エア模型の箱絵を基にしました。
箱は確かあった筈でしたがどこかに雲隠れしてしまいましたので、スマホで画像検索しまして参考にしました。
全身が銀が掛かったグレーで、背中が紫色、棘が薄黄色なのはその為です。
楽しく彩色出来ました。





20200510_080303
ここで、完成記念に模型を使いました恐竜物語を公開します。

トリケラトプスの猛反撃にたじろぎ、仕方なしに諦めるティラノサウルス。
何か他に獲物は無いかと探していますと・・・



20200510_080329
そこに現れたアンキロサウルス。
こいつはトロそうなので捕まえられるぞ、と捕獲対象を変更します。



20200510_080406
しかし全身を覆う頑丈な鎧に歯が立ちません。
うわっ、か、硬い!



20200510_081500
うるさいな!
強烈な尻尾の一撃を食らって、ティラノサウルスは敢え無く撤退です。



20200510_080501
生きていく事は大変です。
次こそはと思いながらも、またも獲物を見送るティラノ君でした。



おかげさまでエアフィックスの恐竜模型はこれで全種類が完成しました。
全部で8種類、その内彩色違いの同種2つの、合計9体の恐竜模型が仕上がりました。
思えば長い道徳でしたが、自分の鈍さに呆れてしまう状況でもあります。

近く、全部の恐竜をまとめて再度公開したいと思います。
その時には、皆様どうぞまたご覧になってください。
よろしくお願いします。


フランスの模型会社エレール社の、恐竜トリケラトプスです。

元はイギリスのエアフィックス社の模型で、同社のティラノサウルスとステゴサウルスとの3点セット売りとしまして再版されていました。
形はそのままですが、モデルの成形色がグレーからホワイトに変わっていました。

以前制作しましたティラノサウルスとステゴサウルスを合わせまして、これでエレール再版セットが完成しました。
中々手を付けられなかった自分の遅さ加減には、我ながら呆れてしまいましたが、長かった道程への完結に感慨無量です。




20200503_112108
20200503_112128
20200503_112201
20200503_112332
動きを感じさせるダイナミックな姿に、精密な鱗の皮膚表現が、40年以上昔の模型とは思えない位にリアルで生物感に溢れています。
同シリーズのティラノサウルスと対になる様な、スタイル構造です。



20200503_112521
20200503_112604
彩色ですが、先に完成させましたティラノと同じ色合いにしてみました。
黒褐色に肌色系グレーを所々入れて、大理石みたいな感じにしました。
角の先をテカった黒を塗って、年期の入った戦闘力の高さを表しました。



20200503_115017
ここでライバルの登場です。
同シリーズのティラノサウルスです。
恐竜時代の最後を飾ります、宿命の対決です。



20200503_113446
20200503_113517
20200503_113942
20200503_114003
双方共に身体をひねった格好ですので、互いに向かい合わせに置いてみますと、どの角度から見ましても躍動感溢れる対戦場面が拝めます。




20200503_114322
20200503_114255
僕にとりまして、エアフィックス恐竜模型(再版物も含めて)は、完成させたのがこれで7種類目です。
残るひとつはこちら、アンキロサウルスです。

こちらの模型は、エアフィックスのみです。
完成させましたら画像公開と、エア恐竜全種類制覇の特別記念撮影でも行おうと思っております。


連日気持ちが滅入る状況ばかりではいけませんので、ここで少しでも楽しい話題提供といたしまして、僕が最近作りました恐竜模型を紹介させていただきます。




20200426_132725
20200426_132744
20200426_132824
20200426_132843
先日公開しました、アメリカはパイロ社のプロトケラトプスです。
1960年代末頃、同社の恐竜シリーズの一環としまして販売されました。

プロトケラトプスは今から約8300万年年前の白亜紀後期にモンゴルに生息していた原始的な角竜の一種で、大きさは2メートル程の小型恐竜です。
卵の化石が見つかっている事で有名ですので、その可愛らしい姿と共に割と有名な存在です。

かつては大型角竜の祖先に当たると思われておりましたが、その生息時期から、原始的な特徴を残した個別の種類であるとも考えられています。

パイロ社は1950年代末に初期の恐竜モデルを販売しておりましたが、その後リアル系造形の物をシリーズに追加販売しました。
プロトケラトプスはそのひとつで、単純ながらも特徴をよく捉えています。
惜しいのは、初期シリーズに付属していた台座が無い事でしょう。
いつか卵と赤ちゃんが付属した台座を、自作してみたいです。

彩色は無難に黄緑色にしてみました。
全体均一に色塗りするのが思った以上に大変でした。
まるでアマガエルみたいですね。



20200426_132909
20200426_132929
20200426_133000
20200426_133022
こちらが同シリーズのトリケラトプスです。

販売時期が初期のですので、ややデフォルメされた姿になっています。
角が長くて尖っていて、何だか危ない感じがします。

厳密に言うとこちらはパイロ社版ではなく、再々版のリンドバーク社版の物です。
パイロ社の恐竜モデルは1970年代にライフラック社から全種再版され、その後リンドバーク社から再々版されました。
モデルの金型がいくつかの模型会社を渡り歩くという運命を辿るのですが、それでも何度も時代を超えて存在し続けたのは、恐竜モデルの人気ゆえなのでしょうか。

彩色は茶色系でメリハリを付けて濃いめに行ってみました。
角と襟飾り部分は黒っぽくアクセントを入れてみました。



20200426_133053
模型の大きさですが、並べてみましたところ相当の違いが判ります。
身体が大きい筈のトリケラトプスが小振りで、小型のプロトケラトプスの方が大きいのです。
これは後からリアルに作られたプロトケラトプスが、スケール違いになっている為に致し方ないでしょう。




さて、恐竜もいいけれども、一体あれはどうなっているんだ?とお考えの方もいらっしゃるでしょう。
そうです、科特隊のジェットビートルです。

ハセガワの模型は設計図の順番道理に少し少し行っておりますが、大変細かい部品を色塗りしながらやらねばならず、一端ですが停滞しております。

今はノスタルジックヒーローズの復刻ウルトラマンのオマケに付いておりました、ソフビ製ミニビートルを手掛けています。



20200426_133122
20200426_133148
20200426_133313
これは尾翼を折ってしまって修正して凹み気味になった個所を上手く慣らして、ソフビ塗料で彩色しました。
多少凹みが見えますが、自分としては懸命に直して、色塗りが出来ました所です。
あとは期待に英文と数字、科特隊マークを全て手書きの自作で入れる予定です。

今現在はこういった所です。

これが出来てから本格的にビートル模型に入ろうと思います。
自分の模型状況説明でした。



お次はオマケ版ビートルの完成なるか、それとも別の恐竜模型のお披露目なるか。
先行きはまだ見えません。
それでは次回もよろしくお付き合いの程、よろしくお願いします。



このページのトップヘ